最短だとメリットあり

合宿で免許を取る際には最短で二週間程度の時間があれば取得することができます。場所によっては3週間程度ということもありますが、あらかじめ決められたスケジュールの中でぴったりとした進み具合ではなく、さらに最短で誰よりも早く免許を取得することができれば多くのメリットがあります。これはどんなメリットなのかというと、それぞれの場所によって違ってきますが他の参加者がしっかりと卒業できるまでの間、勉強をすることなく毎日観光ができるということが一つ挙げられます。もちろんその中でも合宿に参加中の食事やその他レクリエーションなどは無料で参加することができるため、とても得した気分になるでしょう。

またこちらも合宿所によるものとなりますが、早ければ早いほど料金が割引されるケースもあります。合宿免許に参加する際、試験合格することができず、期限の延長をする際に宿泊料金や追加教習の料金などが発生してしまう場合がありますが、反対に割引が受けられるというケースもあるのです。支払ではローンを活用することができますが、さらに割引があるのは本当に嬉しいことではないでしょうか。

自動車免許ではなく普通二輪の免許であれば最短9日といった時間で免許の取得ができます。特に早い段階で免許取得をすることができれば前述の通り美味しい食事などを楽しみながら、他の時間は勉強をせず、自分の自由時間として使うことができます。その分思い出作りをすることや現地での名産品をお土産として購入するなど、自分のためだけに使える時間が増えます。

勉強法

自動車教習所に通いながら勉強をするのではなく、合宿免許に参加するとしっかりと学ぶことができます。限られた時間の中で毎日数時間にわたりながら学科と実車教習を行っていきます。最短で2週間あれば自動車免許が取得できますので、長期間にわたって学校に通いたくない方は合宿免許がとてもおすすめとなります。どのように勉強すればよいのかと悩んでしまうこともなく、毎日の復習をしっかりと行いながら試験に挑むだけで多くの方が合格しているのです。

合宿免許であっても、ある程度の余裕日数は決められていますが、その中でも最短で卒業する場合にはメリットを設けている合宿所などもあります。例えばトータルでの費用が割引になるというケースや、卒業後にはレストランやホテルでの食事が一回無料になるなどといったメリットがあります。合宿免許に出向き、勉強法を考えた場合にはプライベートとして他にやることがありませんので、とても集中できる環境の中で勉強ができます。

もちろん現地である程度観光を楽しむことなどもありますが、朝から夕方までは業種に必要な勉強をして、その後の夜の時間帯に復習や予習をすることもできるでしょう。毎日のように観光して遊びほうけてしまうのではなく、しっかりと勉強すればするほどに試験の合格率は高くなります。数学の場合には様々なテキストを購入し、過去の問題などを学ぶ人もいるようですが、合宿であればこのような努力をしなくても過去問題等には一切触れずしっかりと試験に合格し自動車免許を取得することができます。

合宿免許はしっかり学べる

合宿によって免許を取得する際の最大のメリットというのは、凝縮した時間の中でしっかりと学べるということになります。通学する場合にはある程度自分の自由な時間がありますので、学校に通うタイミングそのものも自分のライフスタイルに合わせることができます。しかし、そういった生活を送る中で遊びに夢中になってしまうことや学業に集中することによって、教習所に通う期間が長引いてしまうこともあります。前回学んだことを忘れてしまうようなケースもあるでしょう。そうなれば試験には不合格となってしまいますので再び試験に合格するために、勉強しなければなりません。

また実車教習などに関しても自分の思うように予約を取ることができず、期間が長引いてしまうこともあります。一方で合宿免許であれば前述の通り、凝縮した時間の中でしっかりと学んでいくことになるので予約が取れずイライラしてしまうこともないでしょう。実車教習についても1日の中で数時間は教習を行うことができるため、運転テクニックの向上もスピーディといった特徴があります。このようなメリットから合宿免許を選ぶ方も多くなっており、費用面だけでのメリットではありません。

参考[合宿免許.com|運転免許の教習所、ドライビングスクールをご紹介

日頃から勉強が苦手な方や、その他にもできるだけ多く実車での教習を行い他の友達よりも運転が上手くなりたいといった希望を持っている方などは、合宿がお勧めです。どのような勉強法を取り入れたらよいのか、また最短で卒業した場合にはメリットがあるのかなどについても事前に情報を調べておきましょう。合宿免許に出向く際の勉強法などは特にありません。上記の通り凝縮して学んで行きますので自然と内容は頭に入るでしょう。